医療法人なぎさ会/社会福祉法人ほたる医療法人なぎさ会/
社会福祉法人ほたる

社会福祉法人ほたるについて

理事長挨拶

美しい海に恵まれた岬町において、社会福祉法人ほたるは昭和44年に設立いたしました。ご利用者様・ご家族様、そして地域の皆様をはじめ多くの方々のご支援により、これまで歩むことができたことを心から感謝申し上げます。

現在、当法人は「なぎさクリニック」「デイケアなぎさ」「南大阪軽費老人ホーム」「ケアプランセンターほたる」の4事業をおこなっています。医療・介護・福祉を通して、多くの人と出会い、そしてご縁ある方々のお役に立ちたい、という強い思いで職員と共に日々研鑽・創意工夫に励んでおります。

社会は「グローバル化」・「超高齢社会」等、急速に変化しています。このような時代の変化の中でも「元気で安心して生活をしたい」という根本は変わることなく皆同じであります。 ご利用者様そして地域の皆様に、その安心の生活を築き継続していただくためのお手伝いを、これからも私たちは続けていきたいと思っております。

社会福祉法人ほたる 理事長 竹原学

社会福祉法人ほたる
理事長 竹原学

「なぎさクリニック 指針」

医療の原点は患者なり

第一、患者様にとって

第二、経営にとって

第三、働く私たちにとって

「デイケアなぎさ 指針」

第一 利用者にとって

第二 経営にとって

第三 働く私達にとって

「南大阪軽費老人ホーム 指針」

一、健康第一に

一、自分の為に 人の為に 
生きる事を考える

一、皆と楽しい自立ある生活 
スタッフ全員でサポートします

診療科目案内

小児科・内科

村井先生

泉南地域の小児科一般の医療を担います。育児、成育や予防接種、アレルギーなどさまざまな問題や心配事に対して丁寧な説明を心がけています。

特殊外来としては三宅先生による低身長に対する取り組みも特筆されます。特別な外来はいませんが発達障害にも取り組んでいます。

三宅先生、村井先生が常勤 成山先生、水島先生が非常勤医土曜日は滝谷先生が担当しております。

担当医:村井先生

専門分野
小児科一般、内科一般
患者様へ一言
病歴(生活環境を含む)から病気の原因を絞り込み診断につなげて行きます。薬による治療に加え、生理学的に適切な改善方法を示します。小児科では御家族に成育に対するアドバイスも逐次して行きます。
資格
医学博士(大阪大学)、労働衛生コンサルタント
所属学会
日本小児科学会、日本プライマリ・ケア連合学会
三宅先生

病院に近い総合的な機能を持ちながら地域に根ざしたホームドクターとしての役割を目指しています。ゆりかごから、100歳を超えるご高齢の方まで、少しでも楽になり気持ちが晴れてクリニックから帰っていただけるように努力しています。患者様が、多い大きな病院では、聞けなかったことや、ちょっとした相談でもゆっくり耳を傾けるように努めています。

内科は、風邪などの感染症などを中心とした一般内科が中心となりますが、生活習慣病、糖尿病内科、循環器内科、消化器内科、腎臓内科などの専門分野を医師の診察を受けることができる専門外来も合わせて受けることができます。

検査も、CT、レントゲン、消化管内視鏡検査(胃・大腸カメラ)、超音波検査、呼吸機能検査などの設備を備えています。

小児科は、小児科専門医が5名在籍しています。アレルギー(気管支喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症)、内分泌疾患(低身長、甲状腺疾患など)、発達障害、発達相談、子育相談などを多くの専門分野の診療ができる体制になっています。

担当医:三宅先生

三宅先生専門分野
小児科・内科どちらも診療します。
小児感染症・低身長・アレルギー・血液疾患、糖尿病
患者様へ一言
なんでも相談できる地域に根ざしたホームドクターとしての役割を目指しています。
曇った気持ちが少しでも晴れて診療を終えてクリニックから帰ってもらうよう頑張っています。大きな病院で聞けなかった検査結果や診療のことなども含めてなんでも気軽に相談してください。
資格
小児科専門医・血液専門医(元)
所属学会
骨髄移植推進財団 調整医師
本小児科学会・日本糖尿病学会

整形外科

「生命」そのものの存続に関わるというより、得た「生命」を機能的に生かすための器官を診療する科です。わかり易く言えば、人間としての人間らしい生活をするために「体を動かす」「体を希望の場所に運んでゆく」「生命を維持するための食物を口に運ぶ=食べる」そういった動作をするための器官=手、指、足、脊椎等(つまり運動器のことです)の診療科です。

高齢化社会において、運動器の衰えによる生活Qualityの低下が一層大きな重要性を持ってくるため、いわゆる「ロコモーション・シンドローム」に関しての大きな注目が必要とされてきていると思います。

担当医:嶋先生

専門分野
手の外科
患者様へ一言
なんでも質問して下さい。「誠実」に診察させて頂きます。
資格
日本整形外科学会認定医

リハビリテーション科

主治医の指示のもと定期的に理学療法士が自宅を訪問し、心身機能の維持・回復・向上をはかり、日常生活の自立をお手伝いします。 退院後、もう少しリハビリがしたい、いざ生活をしてみると不便なことがある、少しずつ動くのが大変になってきたなど、在宅生活においてさまざまな問題が起こることが考えられます。そのような方がご自宅で生き生きとした生活を送れるように、お手伝いしたいと考えています。

患者様へ一言
患者様の状況に応じて、最適なリハビリを提案いたします。分からないことや不安があれば気軽にご相談ください。